振れ幅大きいオヤジのなんでもブログ

カフェ

 ペーパームーン 幸せを永遠に記録したい!山中湖のcafeを訪ねた

更新日:

風に吹かれて山中湖へ行ってきました。

山中湖ペーパームーン

ペーパームーンはどこか聞きおぼのある名前?

落ち着いたカフェはないかな、と山中湖周辺をドライブしてました。

あっ、あった!行きすぎてしまいました。

Uターンして駐車場へ、そのカフェの名はペーパームーン。

山中湖ペーパームーン

ペーパームーン?どこかで聞いた名前です。

山下達郎の歌にあったか!

いや違う!山下達郎の歌は・・・・・たしか「ペーパードール」だった。

紙でできた月か・・・・・なんか聞き覚えがあるような。

頭の中でこんなやり取りをしながらアプローチを進んでいきます。

山中湖ペーパームーン

お店は落ち着いていてなかなかいい感じです。

向こう側は山中湖です。

山中湖ペーパームーン

自然な感じで心地よい山中湖湖畔のカフェ

この日はちょっと寒かったのでテラスには誰もいません。

爽やかな風を感じながら食事をしたらとても気持ちよさそうです。

山中湖ペーパームーン

店内の各所にリースが飾らています。

山中湖ペーパームーン

インテリア小物類のデイスプレイもセンスがいいです。

山中湖ペーパームーン

評判のケーキは忘れられない美味しさ

自慢のケーキをいただきました。

大粒ぶどう、ピオーネのケーキです。

このケーキはお世辞抜きで本当に美味しいです。

ピオーネの自然の甘さを上手にいかしていて、今まで食べたケーキの中でかなり上位に位置する味です。

山中湖ペーパームーン

美味しいものをいただいき、おしゃべりも一段落したので店を後にすることにしました。

お店の裏に回ると、妖精でも住んでそうな素敵な空間が広がっています。

山中湖ペーパームーン

紙で作ったお月さまは、幸せを永遠に記録したいということ

さて、数日たってもペーパームーンの意味がなんか気になってます。

そういえばペーパー・ムーンという映画がありました。

ライアン・オニールと テータム・オニール が出演した映画の題名が「ペーパー・ムーン」。

1973年の作品でその年の興行トップの映画で、テータム・オニールは最年少でアカデミー助演女優賞をとっています。

1900年アメリカでペーパームーンは大流行!

この映画よりかなり前、1900年代のアメリカでペーパームーンは大流行したそうです。

大流行したのは紙で作ったお月さま。

この三日月のお月さまと一緒に写真を撮ると「願い事が叶う」「幸せが訪れる」と信じられたそうです。

庶民に写真というものが普及し始めた時期、写真館へ行ってペーパームーンと一緒に写真に納まることは「幸せ」の証だったのです。

まやかしじゃない!幸せを永遠に記録したい!!

紙で作ったお月さまですから「作り物、まやかし」という意味で使うこともあるようですが「幸せを永遠に記録したい」という意味が込められているようです。

どこかに素敵はカフェはないかな?と探し回って、探し当てたのがペーパームーン。

店名の意味が気になってたどりついたのが「 幸せを永遠に記録する」という意味。

おじさんが導き出したストーリーとしてはなかなか気に入ってます(自己満足😉)。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ いきいきオヤジへ
にほんブログ村





-カフェ

Copyright© 風が福左右衛門 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.