風が福左右衛門

”風が吹けばブログが儲かる”ほとんどあり得ないことを期待しながら様々な内容をお届けする雑多ブログ

*

「思いどおりにならない」は「予想どおりにならなっかた」ことに言い換えてみよう

      2016/12/06

予想と結果って、いつも違います。

「この人はたぶんこういう考えだろう」と予想して話しをすると、まったく予想を外れた答えが返ってきます。

思考空間がまるっきり違う人

定期的に話をする人で毎回、予想に反した答えをする人がいます。

あまり大きな声ではいませんが、私の勤務している老人ホームのオーナーなのです。

相談や提案をするのですが、100%予想外の答えが返ってきます。

少しくらいは予想がどおりになってようさそうなのですが、そうはなりません。

もう思考空間が違う、生きている次元が違うと言っていいくらいです。

でも、もう5年一緒にやっています。

少しづつではありますが、事業も拡大してきています。

「予想どおりにならない」と「思いどおりにならない」

「予想どおりにならない」は客観的なニュアンスです。

一方「思いどおりにならない」は自己中心的な感じです。

オーナーに提案をして、そのとおりにならない時は「予想どおりにならなかった」と考えるようにしています。

「思いどおりならない」となるとくやしくなるからです。

「予想どおりにならかった」となると残念ではあるけど、悔しくてたまらないとまではならないのです。

「予想どおり」は外れることはある程度織り込み済みです。

「思いどおり」は外れないことが前提なのです。

ですから提案、相談ごとをするときは、外れてもそう苦にならないよう「予想」でいくわけです。

「思い通りにならないこと」があったら「予想どおりにならなかった」と言い換えるのも一つの方法かもしれません。

 

 - コラム

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

21世紀の資本
『21世紀の資本』を読もうとしたが
日本刀
江戸時代の武士は生涯一度も刀を抜かなかった
高収入への道は価値の創造にある
未来を見ている今の自分が「青春」未来志向で行こう
榎
人間も樹木も都会で生きると同じ姿をしているのかもしれない?
災害のときの行動心理のポイントは、人命と自分勝手
メールは手紙より忖度(そんたく)しながら書かなければならない
ケン・ウィルバーの5つの要素とユングの集合的無意識を感じた日
自分の中にある「舛添さん」的なところが嫌なのでブログにしました
組織には働かない人いたほうが長持ちする、80対20の法則。