グルメ

観光地で素敵な隠れ家的喫茶店に出会う 秋川渓谷「茶房 むべ」

投稿日:

あきる野 喫茶店 むべ テーブルスタンド 

自然豊な観光地へでかけて素敵な喫茶店に出会うってまれではないでしょうか。

しかし、すてきな喫茶店に出会いましたので紹介します。

その喫茶店は東京都あきる野市にあります。

澄んだ空気を満喫できる秋川渓谷

下の写真は11月初旬の秋川渓谷の景色です。

あきる野市 秋川渓谷瀬音の湯

東京ではありますが「ザ・自然」の中にその喫茶店はあります。

30年以上つづいている隠れ家的喫茶店「茶房 むべ」

山の懐にある隠れ家的喫茶店です。

この地で40年以上営業しているとのことです。

あきる野 喫茶 むべ 外観

写真の秋川渓谷と「むべ」は徒歩で10分程度です。

入り口は瀟洒しょうしゃな民家の玄関そのものです。

のれんが吊るされてないと喫茶店とは思いません。

あきる野 喫茶 むべ 入り口

門をくぐり庭の中を進む石畳が素敵です。

あきる野 喫茶 むべ 石畳のアプローチ

店主のセンスを感じる落ち着いた店内

隠れ家的喫茶なので店内はそれほど広くありません。

10人ほどが腰掛けられる厚くて大きな木製テーブルがずっしり置かれています。

スタンドや花が感じよく並んでいます。

五日市 喫茶 むべ 店内

窓からの日差しが何より落ち着きます。

あきる野 喫茶 むべ 生け花

屋根の梁に2匹のねずみを発見、遊び心も忘れません。

あきる野 喫茶 むべ 天井のネズミ

自分が気に入ったコーヒーカップでいただけます

大きな棚に並んだ有田焼のコーヒーカップも目を引きます。

あきる野 喫茶 むべ 有田焼コーヒーカップ

自分の気に入ったカップを指名するのですが、結構迷います。

ようやく八角形のカップに決め、香り高いコーヒーをいただきます。

あきる野 喫茶むべ 有田焼コーヒーカップ

店名の由来となった「むべ」

テーブルの真ん中に飾られた植物をさし「あけびかな?」

すると傍にいた店主が「あけびでは無くてむべ・ ・ですよ」と声をかけてくれました。

ここの店名にもなった植物です。

あきる野 喫茶 むべ むべの実

外へ出てみるとむべが実っていました。

やはりあけびに似てつるに実っています。

あきる野 喫茶 むべ 実ったむべ

かわった呼び名「むべ」は天智天皇が名付けた

「むべ」とはちょっと不思議な呼び名です。

なんでも約1500年前、天智天皇が狩り出たときのこと、とても健康な老夫婦に出会いました。

なぜそのように健康でいられるのかと問うと、秋にできる果物を食べているからと答えが帰ってきました。

天皇はそれを食すると「むべなるかな」(もっともであるなあ)と感想を述べました。

そこからむべと呼ばれるようになったそうです。

ヘ~え、はじめて知りました。

お庭とギャラリーで素敵な時間を過ごす

カチッと木々が刈り込まれて無くてとても優しいガーデンです。

あきる野 喫茶 むべ ガーデン案内

木洩れ日と自然の風が気持ち良いテラスです。

喫茶店 むべ 庭

この喫茶店は高橋敏彦画伯のご自宅なのだそうです。

小さなギャラリーにほっこりする絵が並んでいます。

あきる野 喫茶 むべ ギャラリー

近くの瀬音の湯と紅葉の秋川渓谷も楽しめる

茶房むべの近くには「瀬音の湯」があり、足湯だけなら無料で楽しめます

あきる野 瀬音の湯

瀬音の湯に車を停めて歩いてすぐのところに吊橋があります。

ワイヤーむき出しのではないのでそれほど恐怖感はありません。

あきる野 瀬音の湯 2021年11月 橋 紅葉

銀杏が色づき始めていました。

あきる野 瀬音の湯 2021年11月紅葉
2021年11月6日撮影
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ いきいきオヤジへ
にほんブログ村

-グルメ

Copyright© 風が福左右衛門 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.